結婚とは難しい。しかし避けて通るものでもない。

結婚はむずかしくて不思議なものだが、重要なものでもある。
実際、「いい結婚」は「いい人生」を意味するのだ。当ブログは結婚生活を続けることについてや、中年の倦怠期が引き起こすもやもやとした思いや誘惑を、
いかにして乗り越えるかについて書かれている。それで『幸せな結婚を実現する条件』というタイトルに行きついた。

自分自身よりもつと大きな霊の力に身をゆだねよ、という意味である。
それは、聖書の「エペソ人への手紙」の一節で「妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい。
キリストが教会の頭で……あるように、夫は妻の頭だからです。
また、教会がキリストに仕えるように、妻もすべての面で夫に仕えるべきです」と説かれているように、だれか他の人のいいなりになって縮こまっていなさい、という意味ではない。

「身をゆだねる」とは結婚生活を続けさせるため、あなた自身の誠実さに、そして結婚の誓約にしたがう、という意味だ。
夫婦関係が長期におよぶと、夢物語や倦怠感や心の闇をものともせずに、この状態が生まれる。
過去三○年間、アメリカ人夫婦の頭上でさまよっていた運命の統計―結婚した夫婦の半数は離婚する―をものともせずに、この状態が生まれる。

〃どう?楽しい?〃とか」あなたに関心を向けさせることで、夫の行為を中断させ、あなたの気持ちに対する気くばりを求めるためです。
もし、このようなやり方がうまくいかない場合には、夫の友だちを家に招かないという方法をとるしか仕方がないでしょう。あるいは、他人の家とか、パーティの会場などでそういう事態に遭遇した場合に、夫を置き去りにして、独りで帰ってくるのも一つの方法です。あらかじめ、そうすることを予告し、警告を与えるのも手です。

出典: